Jamie Dimon

本日のケースはJamie DimonとBank Oneのターンアラウンドのケース。彼の手法が素晴らしいのは周知の事実であって、Wikipediaやそこらへんの本に書いてあるからさておき。今日の授業は非常にユニークだった。というのも、Jamie Dimonの娘のJuliaがクラスにいるから。ゲストではなくて、私達と同じクラスの学生として。

Jamie Dimonは多忙で来れなかったようなので、授業の終わりには過去の授業のビデオを流した。Q&Aで、家族との時間はどう作るのか、という質問にこんな答え。

「家族との時間を後回しにしていたらそんな時間は絶対に作れない。仕事と同じようにスケジュール化し、絶対にその時間は空ける事だ。そして家族のために時間を作る時は、quality timeを作るようにしている。」

授業中はずっと黙ってたJulia、教授に「こんな上手い事言ってるけど実態はどうなの?」と問われ。

「本当にこの通り。全てスケジュール化され、しかも『週に4回は家でディナーを食べる事』という契約書まで書かされた。週末もほとんど家にいて、忙しい時は6時に起きて4時間仕事をし、私達が起きる10時以降は完全フリーにしていた。teenagerの私達にとっては最悪だったけど。」


Quality timeとは何だろうか。その場にいればいいだけの話だろうか。

私の場合、夏のインターンは超激務だったが、夕方だろうと夜中だろうと時間が空くとすかさず抜け出してサッと遊んでオフィスに戻った。そうやって無理やり作った時間はquality timeなのだろうか。


同じ空間にいるがために同じ行動をする事と、時間を共有する事は、傍から見ると同じに見えて、実態は完全に別物だと思う。一度遠くを見たら近くには戻れないように、時間や体験を共有した時の感動を覚えると、惰性で過ごすためだけに人生の時間を使うのが非常に無駄に思えてくる。

私はどれだけquality timeを作ってきたのだろうか?せめてこれから作れるのであろうか。教授は付け加えて「家族を大切にすること、子供を育てる事が何よりも重要。是非quality timeを与えて欲しい。」と言っていた。私と時間を共有してくれる、ちょこらやみんと達は、私と同じようにquality timeを過ごせたと思ってくれたのだろうか。これからも遠くを見ていたいと願うばかり。
[PR]
by chocolamint | 2010-12-09 15:01 | HBS


ハーバードビジネススクールMBA、ボストン生活あれこれ


by chocolamint

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
HBS
Life in Boston
Cats (nekoz)
旅行
未分類

以前の記事

2011年 10月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧