ファイナル終わり!

期末試験がやっと終わった!

さてと、その他の授業の感想など。


◆LEAD

Leadership and Organizational behaviorの授業。

TOMでトヨタのケースをやると良く分かるのだが、組織内の人々の思想とかカルチャーは商品に如実に現れる。成果が出ないから徹夜で追いつかせようとするのはその場しのぎに過ぎず、組織の体制や評価方法を変えて、維持可能な平衡状態を作る事が重要という事。表向きは「成果主義です」と言っておきながら、内実は年功序列がまかり通っているようなダブルスタンダードな会社に未来は無いってこった。

じゃあ、こういう変化を起こせる人は誰なんだろうか?現場の人間には裁量やコネクションが無い。マネージャーレベルでも多分無い。社長はたぶんやる気が無い。そもそも、変化したがってないのかもしれない。

組織内の色んな疑問が、実は相当分かりやすいマネジメント上の課題である事に気付き、勉強になったのと、そんな分かりやすい課題を放置してあるマネジメントが頭に来るのと。


LEADの後半は、キャリア形成について。「ワークライフバランス」と騒がれるのは、多分ただの流行だ。
1.給料が高くて忙しくてHBS卒業生が誰でも知ってるup or outな仕事
2.給料がさほど高くなくてその分多少暇でその代わりマイナーだけど楽しい職場
この選択があった時に、お金とか知名度とか勘案した上で2.を選べる人がどれだけいるか。

ぐうたらが好きな私から見ると、これはただの選択の問題ではない。特にアメリカ人の多くのHBSに来るようなやつは非常に優秀で選択する事も無かったのではないかと思う。努力する事も織り込み済みで、普通にやってればどこまでも上に行ってしまうので、最早どこで降りるかが問題だ。まーそれでも数年必死で働くのも良い気がするがどうか。


◆MKT

マーケティング。フィーリング。いや、そんな事はないはずだ。

しかしこの授業は、教える人の巧拙によって理解度が変わる気がする。PreMBA中の教授は非常にうまかったのだが、本学期の教授はとにかく生徒に喋り倒させるので、いまいち掴み所が分からず。「テレビでコマーシャルをしろ!」「いや、ただでサンプルを配ったらどうだ!」「それよりコストをカットしろ!」「そんな事したらブランドイメージが傷つくだろ!」と、みんな言いたい放題。

教授はメディアが大好きで、授業でも駆使しまくり。まず、授業の3分前はYouTubeで今日のお気に入り曲から始まる。曲が止まると、席につけの合図。ジュースやスターバックスの授業ではみんなに商品を配る。シャワーヘッドの回では、シャワーヘッドがいかに使いにくいかについて熱弁するコメディアンのビデオを流す。セールスフォースの回では、なぜか生徒みんなを立たせ「営業のやる気をmaximizeする歌」を歌わせる。おかげで色んな商品についてはやたらと詳しくなった。営業の歌は未だに耳から離れず、口ずさんでしまう。


以上の5科目で1学期は終わり。

オフ期間のJanuary TermはLBOのモデリングという、とっても面白そうな授業を取る事にした。うーん。。。
[PR]
by chocolamint | 2009-12-22 06:25 | HBS


ハーバードビジネススクールMBA、ボストン生活あれこれ


by chocolamint

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
HBS
Life in Boston
Cats (nekoz)
旅行
未分類

以前の記事

2011年 10月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月

お気に入りブログ

最新のトラックバック

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧