カテゴリ:Life in Boston( 30 )

Kendall squareでランチ

授業が終わるとRed lineに乗りKendallに向かう。近くのMIT近くのオフィスで仕事をしているFとランチ。彼女の話はいつも非常にインスパイアリングだ。

先週の木曜日もたまたまディナーをした。その時彼女はこんな事を言っていた。"I don't want to tell my husband 'I love you' just because I have to."だから仕事もずっと続けるし、誰にも頼らなくても自分の事は養えるようでいたいとの事。

今日は「じゃあパートナーに何を求めるの?」という話に。

いつも斜め上を行く回答をしてくれるF。知識の量がすごい。

「ノルウェーあたりに行くと(彼女のお父さんはスカンジナビア出身)、社会保障が充実してるから、みんな婚期が遅い。子供ができてから結婚したり、母親が1人で育てたり。夫婦2人がいなくても子供を養えるってみんな知ってるからね。デンマークあたりに行きたいなー。」彼女は、子供好きだから子供が欲しいけど、別にずっと一緒に生活する結婚相手はいなくても良いとのこと。


ちょこらとみんとが家に来たDay1から今まで、私はねこずが全く変わらずずっと好きだ。僕とねこずの間には、ご飯をあげてるという関係すら無い(だって実家では母親があげてるから)。それなのにちょこらは、今でも私の後をずっとついて歩いてるし、みんとも、人に触られるのが嫌なくせに、私の周りをうろちょろして撫でられにくる。

人の話を聞いた時に、「自分が経験した、あそこらへんの感情の話なのかもしれないな」と感じる事ができるのは、とても幸運な事だと思う。感性はオープンでいたいし、好きな物がたくさん出来るのは、素敵だよね。そのためには、闇の中に飛び出す事が必要という事か。


ところで、Fは、今の彼氏とそれを取り巻く問題の中で辟易している様子だった。そこに、どうも、猫が絡んでいて、猫をタテにして復縁を迫る女性がいたりいなかったり、猫を抱えてドアの前に立っているとか何とか、、、

なんて可哀相な猫達!!!「アメリカでそういう事すると、途端に猫を取り上げられるんじゃないの?何かあったらいつでも猫達の面倒は見てあげるから!」とだけ言っておいた。
[PR]
by chocolamint | 2010-09-28 11:17 | Life in Boston

買っちゃった

なのなの。
a0128292_4552622.jpg


早速曲を全部流し込む。もうパンパン。

ここ数日のボストンは天気が良すぎて暑いくらい。BoylstonのApple Storeからの帰りは、Mass Aveの1番バスで。と思ったが、待てど暮らせどバスが来ない。バス停には長蛇の列。というか誰も並ばないから、人の群れ。やっと来たと思ったバスも、満員で乗れず。仕方ないから、運動ついでに歩いて帰る事に。


猫達の路地裏
a0128292_5244515.jpg
[PR]
by chocolamint | 2010-09-27 05:31 | Life in Boston

iPod買おうかな

最近あれこれ考えすぎてストレスが溜まったので最近出たiPod nanoを買おうか思案中。いや、この調子だと週末には買ってしまう気がする。

これこれ。
a0128292_13581050.jpg


携帯音楽プレーヤーは高校生の頃にMDを買って以来。そのMDだって、ろくに聞かなかった。どうも楽器の音に集中して疲れちゃうので、長時間聴いてられない。

にしてもnano、16GBしか容量が無いようだ。すぐにパンパンになってしまうのでは。
[PR]
by chocolamint | 2010-09-23 14:03 | Life in Boston

私は未だにデスクトップ派だ。YoutubeでHD動画とか見るのに、ノートだとまだきつい気がするし。ノートのHDDで容量えらく小さいし。ディスプレイもキーボードも小さくて操作性悪いし。だから私は2.5TBのHDD(手動RAID)に23インチのディスプレイに、未だに10年前のトラックボールを使っている。超快適。そしてこの度、初めてブルーレイを再生してみた。エヴァの破。

素晴らしい出来だねこれは。

アニメ数話分を凝縮しているので中身が濃いのはもちろんだが、映像が圧倒的に美しい。メイキングを見ると、ドラフトから完成までの変遷が圧巻。3流アニメなら2稿目くらいで放送しちゃってるだろ、ってな感じの所を10枚くらい映像が出てくる。こういうのを、魂を込めると言うのだろう。

さてと、エヴァはもう15年も前のアニメだが、未だにテレビ放送を見ても、そこまで違和感を感じない。しかし、日本のアニメ界(漫画界も)には流行りがあって、ここ最近はデフォルメ化が進んでいるのだ。ジャパントリップに来たパワフル同級生のFは「日本のアニメはどれもこれも鼻が描いてないわね」と不思議な発見をしていた。

これが、60年代から00年代までのアニメのイメージ図。
a0128292_13592599.jpg


書き込みや影がやたら多かった80年~90年代にくらべて、00年代の絵はだいぶスッキリしているのが分かる。

ところがこの傾向は、実は全世界的な物だ。企業ロゴを見ると一目瞭然。

IBM
a0128292_1413317.gif


Motorola
a0128292_1415689.gif


Xerox
a0128292_1422268.gif


Pepsi(とCoke)
a0128292_143348.jpg


Canon
a0128292_1441255.gif


概して、線が太く、書き込みが少なく、可愛らしいロゴに変遷している様子が分かる。アニメもロゴも一緒という事で。
[PR]
by chocolamint | 2010-09-21 14:08 | Life in Boston

夏休みまとめ

世界中を飛び回った夏休みは終わり、ボストンに戻ってきた。休み中は忙しくてあまりupdateできなかったので、まとめて書いてしまえ!

◆インターン
インターンは2個。

1つ目はハイプレッシャー、激務で知られる職種。非常に勉強になり、とても面白かった。終わってみると、仕事の続きが気になって仕方ない。ふわふわした発見がいくつかあった。

1.前職は使える
私は前職が嫌で嫌で仕方なかった。色々理由はあるが(多分、嫌だからあれもこれも嫌に見えてくる面はあったのだろうが)その内の1つに「この職場は何も身につかない」という事があった。

ところが、インターンをしてみるにつけ、前職での経験が生きたり、勘所が一緒だったりする面が多々ある。これはかなり意外であった。

できなさそうな事ほど、無理にやってみると自信になる物で、とりあえずやってみる姿勢が大事だなーと改めて実感。インターン中も、無茶振りが多々発生し、それらを終わらせる度に少しずつできる事が増えた。

2.エッジはいつも一緒
残念ながら、この年になると、今まで弱かった所がいきなり伸びるとかは多分無い。1の前職を生かす話にも通じるが、とにかく何でも良いから持ってる知識とかスキルとかを全部注ぎ込まないと、特に厳しい環境では対応のしようがない。

そういう意味で、自分はここらへんが強いかなーと思っていた面は使い倒すようにしたし、評価もしてもらい自信になった。

3.頭は使いよう
仕事が忙しいと、脳の中で麻薬物質が出て、寝てないのが余り気にならなくなる。一方、みんなストレス解消の方法を心得ているようだし、職場の雰囲気としても、それは全然アリな様子。ディナーで1時間ふらふら外出したり、ジムに出かけたりと、かなりフレキシブルに働いている。

うまいバランスが保たれており、頭をちゃんと使う事も含め、健康的だなーという気がした。


うって変わって、2個目のインターンは結構早く仕事が終わる職場。こちらでも色々とパーソナルな発見があり楽しかった。


◆授業セレクション
HBS、1年目は全て固定授業、2年目は全て選択授業。私は幅広く見たいので、人気授業を中心に、好きな分野をやや多めに取ってみた。

授業は抽選方式で、仕組み自体は分かりやすいのだが、順位付けに非常に難儀する!秋・冬学期をごちゃ混ぜで選択するので、秋・冬のミックス、週の中での時間割りミックス、試験とペーパーのミックス、ありとあらゆる変数がバランス良くなるように考慮しなければならない。

そうでなくても、人気授業が多々あるので順位付けに悩む上に、人気授業と同じ題目で、さほど人気じゃない教授による開催もあり、そいつらはどこに並べればいいの?など誰も答えられない問いがあったりする。

私の結論としては、そんなものを全部マネージするのは不可能だし、秋・冬、時間割、試験・ペーパーの各種ミックスは、ランダムに取ればちょうどよく混ざるだろと仮定して、好きな授業が取れるようにえいやーと並べた。

結果的にうまく混ざったし、人気授業もほとんど取れた。そして何より、倍率7倍の1番人気授業、Christensen教授のBSSEが当たった!わー。厳しいらしいので、がんばります。


◆IRSは怖いしいいかげん
アメリカ人が恐れる物。逃げられない物が2つあるそうだ。

死。そして。税金。

IRSはどこまでも追いかけてきます。

久しぶりにキャンパスのアパートに戻ると、IRSから手紙が来ていた。今年の納税に遅れたから、利子を払え、との事。

おかしーなー、ボストンは大雨のせいで、納税期限が延期になったはずなんだけどなー。けどたった8ドルだしめんどくさいから払っちまうか。と思ってると、利子の納付期限も過ぎてて、いかんともしがたい。

仕方ないからIRSに電話をかけて「雨振ったから期限が延期されたはずなんだけど!」と言うと、5分くらい待たされた挙句「あなたの言う通りね!Webにある免除フォームと手元の請求書をIRSまで送ってね。」との事。

ボストンに戻って早速、アメリカンオペレーションのいいかげんさにやられ。


◆わがやに猫がやってきた
ねこずは連れてこれなかったので、ジジが来た。

a0128292_3254031.jpg

[PR]
by chocolamint | 2010-09-01 03:21 | Life in Boston

カードも、無くなるか。

前回の続編。

財布を見てみたら、要らないカードがいっぱいある。財布と言っても、現金やクレジットカードが入っている普段使いの財布ではない。プラスチックカードだけでパンパンになった、普段は持ち歩かない財布だ。

もはや財布が閉まらないので、整理してみる事にした。やはり金融機関系が多く
1.キャッシュカード
2.オンラインバンキング用のカード(暗証番号がグリッド状に書いてあるやつ)
3.クレジッドカード
4.ETCカード
で20枚ほど。カードとは言え、この手のカードは分厚いのでもうパンパン。

軽量化が自分の中での流行なので、要らない物は全部解約してみた。日本で車に乗らないからETCは要らない。クレジットも、MasterとVisaとAmexを1枚ずつ残して後は全部解約。内1枚はキャッシュカードと兼用になってるので、それもただのキャッシュカードに切り替え。

バンキングカードはどうしようも無いとして、キャッシュカードは口座ごと解約。学生の頃に面白がって、無料だからとあちらこちらで口座を作ったのがたたり。多分、ネットオークションやってたから、都銀全部に口座を持ってた方が便利だとでも思ったのだろう…スヌーピーの絵柄の三和銀行カードとかもあったけど、解約。解約するとその場でハサミを入れられ没収だけど仕方ない。姐さんも使わない口座は解約したみたいだしね。

これでカードの量は半減。だいぶ軽くなった。

◆◆◆

カードの話で思い出したのでついでに書いておくと、MBA留学生の間でポピュラーなCitiのドルカードも、ボストンでは全く使わなかったので解約してしまった。クレジットヒストリーが無くても入れるからお勧めと言われるJALのプレミオも、なぜか審査に通らず作ってない。ビザ無しだから?

クレジットカードは、決済通貨の他に発行国を意識する必要があるのだが、US発行ドル建てが必要ならバンカメのデビットカードで十分なので上記のカードは不要。後は為替や制限に応じて日本のカードとバンカメデビットを使い分ければ良い。(実際に発行国制限で使えない事はほとんど無い。すぐに思いつくのはアップルストアくらい。)バンカメは、口座を作りに行くとその場でテンポラリーカードをくれるので、当分の生活に困る事も無い。送金のための日本でのドル口座は、都銀の外貨預金か、シティでも持ってれば十分。

◆◆◆

さてと、調子に乗って軽量カード生活を楽しんでいたら思わぬ所で足元をすくわれ。長野に帰ったら、たった2日間で、カードが使えない場面に3回も出くわした。クロネコヤマトはともかく、飲食店でダメってのはどういう事かね。


やたらとリンクが多いエントリーだなぁ。
[PR]
by chocolamint | 2010-07-04 17:24 | Life in Boston

紙幣は無くなるか。

アメリカに数カ月住んだ上で他国に行ってみると、大きく変わったと思う事が1つある。決済の方法だ。クレジットカードオンリーになった。

渡米以来ずっと円高なので、ボストンでは常に円決済のマイレージカードを使っていた。これが日本に行っても続いている。アメリカかぶれ!?との声が一部聞かれるが、かぶれうんぬんというより、明確なメリットがある。

1.マイルがたまる
留学してからよく飛行機に乗るようになり、しかも10時間を超えるフライトが多いので、マイレージは重要。

2.金利分お得
支払いが後になるから金利が得。理論上はそうだが、月々の支払い程度の現金は普通口座に眠ってるだけなので、実際メリットにはなってないよね…

3.めんどくさくない
これが一番大きい。財布と携帯電話をどう持ち歩くか、数年来の課題であった。ポケットにはあまり物を入れたくないし、肩掛けカバンは肩が痛い。アメリカの学生はリュックを使うが、その中に入れると取りだすのがめんどくさい。小銭が増えると財布が型崩れするし、重い。支払いを全てカードにした際の解放感は異常だ。財布が不要になる。

この解放感、意外にもアメリカより日本での方が強い気がする。多分アメリカでは、学生証(キャンパスでのプリペイド機能やアパートへの鍵を兼ねている)やデビッドカードも持ち歩かないといけなかったので、財布を持ち歩かざるを得なかったのだ。


さて、限度を知らない私はこの解放感がクセになり、他にもいろんな所を軽量化できないか画策。ますはモバイルSUICAから始めた。渡米前に買った携帯がチップ搭載だったので契約、マイレージがたまるのを考慮するとクレジットチャージしたいが、ほとんど日本にいない事を勘案すると年会費分のマイレージアドバンテージがないので現金チャージ。

携帯はいつも持ち歩くので、これで電話に乗る時も余分なSUICAカードが要らない。携帯とクレジットカードだけでどこでも行ける!


一方、使用頻度は低いながら、コンビニ等で現金が必要な事もあるので持ち歩かないわけに行かず。そうすると結局マネークリップか小銭とカードくらいが入る財布(?)に落ち着くのだろう。そういえばホリエモンも持ち歩くのは携帯とマネークリップで、小銭は邪魔だからレジ横のビンに入れちゃうって言ってたっけ。そうすると外出時に邪魔なのは鍵だけだが、こればかりは素早い軽量化ソリューションが見当たらない。カードや暗証番号で入れるマンションも、部屋のドアだけは金属式鍵がほとんどだし。


あ、それと、とりあえず普段から持ってる免許証みたいなIDはどうしたもんかね。
[PR]
by chocolamint | 2010-06-29 23:59 | Life in Boston

嗚呼桜散る門を抜けて

つい先日まで雪がちらついていたボストン、今日は気温が30度近くまで上がった。キャンパス内には桜が咲いている。

友人とランチをして、ビールを飲んだら眠くなったので帰って昼寝。起きるとなんだか体が澱んでいるので、気分転換にSpanglerでケースを読む。夜も遅くなり、帰ろうと外に出ると、すっかり夏の空気だ。

2学期は1学期に増して、進むのが速い気がする。週末に復習しよう、などと思うけど実はかなり効率が悪いし実現性にも乏しい事を痛感。根本的にやり方を変えなければまずそう。

a0128292_12455231.jpg
[PR]
by chocolamint | 2010-04-08 12:46 | Life in Boston

Hell week終わり

今週はHell weekなのだが、私は特に予定が無いので、普段できない書類の整理をしたりしてのんびりしていた。ネットサーフィンして発見したあれこれ。

◆Appleのメアドが斬新

iPhoneのAPPstoreでアプリを買いまくったら、すかさず請求が来てしまった。いや、当たり前だけど。その請求のアドレスが"do_not_reply@apple.com"まー、分かりやすくて良いんじゃないでしょうか。

◆amazonあれこれ

日本のamazonは1500円で送料無料だし(今は期間限定で1円から無料だそうだ)都内なら24時間くらいで届く。アメリカはロジスティックスが悪いので、1週間はかかるし、送料無料も$25からである。それでも、そこらの大型店舗に売ってない物がゴロゴロあるので、たまに買い物をする。

ポンドが急落した頃、日本のアニメファンは挙ってamazon.co.ukでアニメDVDを買い込んだ。(ドルも急落したが、amazon.comから買い込んだと聞かないのは、リージョンコードのせい?)見てみると、確かにかなり安い。特典映像などの細かい違いを無視すると、今のレートで物によっては10倍の差がある。私も、攻殻機動隊のDVDを全シリーズ買ってしまった。

ライトユーザーはボックスや特典がいらないので、DVDだけで十分だし、メニューが英語でも気にしない。それどころか、本当はディスクすらいらず、データがあればいい。そのデータだって、Youtubeがここまで高精細で高速だと、自分のパソコン内に無くたっていい。オンラインの方がどこからでもアクセスできて便利なんだから。

と、既存の媒体にこだわるのをやめると途端に便利に。本も多分同じだ。捨てられない雑誌が山のようにあるが、全部電子化されたらどんなに楽か。本の場合、特典とかボックスとか付加価値的な要素が少ないので、ユーザーの心理的には、電子化移行はすんなり行く気がするがどうか。もっとも、今のデバイスだと紙面に比べて圧倒的に見づらいので、時間はかかるかも。

◆1本分のお値段で、3本!!!

ネットでジーパンを注文した。イギリスからだ。届いたジーパンは、サイズが違った。取り替えてもらう事に。
店員:「新しいの送るけど、間違って送ったのは返送してくれる?」
私:「送料出してくれるなら送るけど、新しいのが届いてからね。」
もう1本送ってもらう事になった。

届いた2本目も、サイズが間違っていた。嘘だと思われそうなので、iPhoneで写真を撮って送った。
私:「またサイズが違うよ!」
店員:「本当!?配送のやつらに文句言ってやるわ!間違って送っちゃったジーパンはあげる。。。」

3本目。やっと欲しかったサイズが届いた!そして手元には、サイズの合わない2本のジーパンが残る事に。

「ジーパンとしては安くない方だし、独断で2本もタダでくれるなんて、適当な店員だね!」と喜んで同級生に話したら「あんた馬鹿ね!店がどんだけマージン取ってるか、想像できるでしょ!」との事。ここはやっぱり、ハーバードビジネススクールだった。。。
[PR]
by chocolamint | 2010-02-21 06:47 | Life in Boston

やっとiPhoneを使いこなしつつあり

アメリカに来てすぐにiPhone、しかも32Gも買ったのに、ろくに使ってこなかった。バンドマンなのに音楽を垂れ流すのが嫌いなので曲は入れず。動作が重いと許せないのでアプリも買わず。ほぼデフォルト状態で使い、パソコンにつないだのは3回くらい。

それでも最近、どうしても使いたいアプリがあったので、パソコンからiTunesでアカウントを作り、いじってみる事にした。(なお、iTunesのアカウントを作る前までは、人にもらったテトリスのみインストールして遊んでいた。人のアカウントでアプリをインストールすると、一応プレイできるのだが、パソコンにつないだ途端にアカウントチェックが入り起動できなくなるようだ!さすがアップル。無料アプリにも容赦無い。)

アプリはiPhoneから直接購入もできるが、アカウントを作るついでなのでパソコン上で買い、iPhoneに同期させた。ついでに、滅多に取らないiPhoneのバックアップを取った。取った・・・?バックアップファイルはどこで見れるんだろう。

表示されない所を見ると、例えば画像などは単なるjpgファイルではなく、別な形式のデータファイルとして保存されてるのだろうか。と、探してみたらあった。
a0128292_15424973.jpg


ダメだ。全く意味が分からない。どうやらファイルの中身を見るには、専用のソフトが必要みたいだ。バイナリエディタみたいな物か。


iPhoneの充電は、USBケーブル経由でパソコンにつないでもできる。この際、多分、勝手にバックアップが走る。USB機器を指してると電源入/切がうっとおしいのでコンセント経由でしか充電してなかったが、iPhoneの仕様頻度とそのデータのバックアップを考えると、毎日パソコンで充電するのが想定された使い方なのかもしれない。こんなマニュアル性に乏しいバックアップ、データの追加だけならまだしも、変更があったらどっちをマスターにするのか分かったもんじゃないけど。

しかも、iTunes内をよく見ると、よく分からない機能が満載で、まだまだ色々と同期できそうだ。Exchangeでメールとカレンダーだけ同期させて喜んでたが、他にもメモ帳なんかは使えそう。(Windowsとは同期できない???)

あまりに便利なので、日本に帰ったら必ずiPhoneを買おうと思うのであった。


しかしこれに縛られすぎると家に帰ってもパソコンの電源をつけて同期しないと寝られないみたいになって、いつまで経っても仕事してるみたいな気分なのでよろしくない気が。

おまけ。ドコモ仕様のiPhone!?!?いや、ただのローミング。
a0128292_1625593.jpg
[PR]
by chocolamint | 2010-02-17 16:06 | Life in Boston


ハーバードビジネススクールMBA、ボストン生活あれこれ


by chocolamint

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
HBS
Life in Boston
Cats (nekoz)
旅行
未分類

以前の記事

2011年 10月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月

お気に入りブログ

最新のトラックバック

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧