七面鳥狂想曲

Canadian Thanksgivingから1ヵ月半、アメリカに本当のThanksgivingがやってきた。ディナー三昧。ランチ→ディナーとかではない。本当にディナー三昧。

まずはボストン在住のファミリー(?)の家に招かれてディナー。誰だか知らないんだけど。3時開始でも、ガッツリディナー。何か一品持って来いとの事なので、チョコレートパイを作っていく。

一層目。濃いチョコ。クラストも手作り。サクサクで美味い。
a0128292_14154375.jpg


二層目。ゼラチン入りのチョコ。本当は金粉を散らしたい。
a0128292_14154861.jpg


デザート。パイだらけ。
a0128292_14155290.jpg


毎年おなじみ七面鳥ディナー。おせち料理みたいなものか。
a0128292_14155688.jpg


お呼ばれした家のToby。すやすや。
a0128292_1416050.jpg


がやがや。
a0128292_1416492.jpg


夜はダウンタウンのホテルでディナー。腹いっぱいでデザート食えず。

Thanksgiving後半はretreat!!!
[PR]
# by chocolamint | 2010-11-29 14:17 | Life in Boston

The Game

土曜日は伝統の一戦。Harvard Yale Game。奴らを倒せ!!!最近のブログは写真ばかりで本文が無いがキニシナイ。

赤に染まるスタジアム。奴らの血の色だ!
a0128292_8553763.jpg


ハーフタイムの催し物。スーパーボウルならCMタイムか。
a0128292_856673.jpg


この日は激寒。フットボールよりホットチョコレート。
a0128292_8561444.jpg


生クリームは抜きでお願いしますよ。
a0128292_8562422.jpg


LUNA
a0128292_8564413.jpg


月と言えば、ペンギン。
a0128292_8564970.jpg


ロッキー達。
a0128292_8565346.jpg


Quincy Marketではツリーの点灯式。
a0128292_8565635.jpg


雪のボストンまで、あと少し。
[PR]
# by chocolamint | 2010-11-29 08:58 | Life in Boston

大貧民大会 ~ジョーカーを探せ~

大貧民大会を開催すべく、ディナー材料の買出し。いつもは空っぽな冷蔵庫がぎっしり。
a0128292_94478.jpg


そうだ。小籠包を作ろう。

トンコツと皮を手に入れるのを苦労した。チャイナタウンのスーパーに行って「ポークのボーンとスキンをくれ」と言っても通じず。おばちゃんは中国語しか喋らない。その内、他の客まで混じって店中が大騒ぎ。半ば諦めてると、店の奥から皮を持ってきてくれた。1ポンド1ドルでいいらしい。安い!トンコツも4キロ買って8ドル。

まずはトンコツを煮出す。
a0128292_94128.jpg


一煮立ちしたら、全部捨てる。
a0128292_942373.jpg


綺麗な水で煮込み開始。
a0128292_942821.jpg


臭み取りのために玉ねぎとニンニクを丸ごと投入。
a0128292_943287.jpg


肉をほぐす。トンコツラーメンみたい!
a0128292_943666.jpg


その後投入する皮。コラーゲンですよ。
a0128292_944157.jpg


皮投入。
a0128292_944524.jpg


白く濁る。いよいよラーメンが完成か。
a0128292_945079.jpg


色々とすっとぱし、煮込んだスープは煮凝りとなり、餡に投入。
a0128292_94558.jpg


小籠包ではなく、鳥。五香粉で漬ける。
a0128292_95046.jpg


あれ?出来上がったのがこれだっけ?伝統的日本の朝ごはん。
a0128292_95485.jpg


大貧民大会は大盛り上がり。途中からKD(キッチンドランカー)になり、勝敗の行方は覚えておらず。次の日は頭痛で目覚め。朝食の梨が美味しかった。
[PR]
# by chocolamint | 2010-11-25 09:07 | Life in Boston

カルボナーラ(本気モード)

私の料理の腕は大した物なのだが、その裏にはエンジニア的な反復練習が隠されている。まー、同じ事を何回もやればそりゃラーニングカーブがあるんだから誰だって上手になるだろうという事で。

カルボナーラ1回目は、同級生とのディナー。全くソースがからまず、黄色くてしょっぱいだけのスパになり絶望した。同級生は美味いと言ってくれたけど、実に申し訳ない事をしたと思う。その後、散々練習し、卵を3ダース以上消費したどりついたのが本当のカルボナーラ。これはうまい。料理で分量なんか間違えようが無いんだから、何を作るにも結局重要なのは火加減だけなんだけど。

というわけで久しぶりに作ったカルボナーラ(本気モード)。なんだかどこかのラーメン屋の杏仁豆腐みたいな名前だ。


レシピはよくあるものなので、こだわりポイントのみ。

1.じっくり炒める…
パンチェッタは相当な弱火でカリカリになるまで長時間。ギャラリーが「まだか!?」「遅い!」と騒いでも焦ってはいけない。あと、入れるのは必ずパンチェッタ。
a0128292_644225.jpg


2.乳化させろ!
適度な超弱火で、パスタの茹で汁を入れ乳化を目指す。

3.チーズの塩の味わいを
カルボナーラの塩気の源泉はパルミジャーノ。24か月くらいが素敵。ペコリーノ・ロマーノを入れてもいいけど、きっぱりした塩の味わいが好きな私は特に要らないと思う。ペコリーノを入れると、変なまろやかさが出てしまう。

同じ理由で、生クリームも使わない。卵黄と全卵のみ。濃厚。ここに荒目の黒胡椒をたっぷり入れる。塩味と胡椒が効いて最高。

4.余熱だけでは甘っちょろい
茹で上げたスパゲティと卵・チーズを混ぜ合わせる時は再加熱する。卵が固まるとまずいのは当然にしても、余熱だけじゃあ出来上がりが若干冷めてる気がするし、加熱した時のようなソースの粘りが出ない。
a0128292_644521.jpg


というわけで出来上がったカルボナーラはこちら。
素敵なパンチェッタを使わせてもらったので美味しそう。
a0128292_644977.jpg

[PR]
# by chocolamint | 2010-11-19 06:06 | 旅行

ドルフィンキックでしびれてみたいな

課外活動で「Divingのlicenseを取得する事」というアサインメントが急に出されたので、急にフライトをブックして急にマイアミビーチに行く事に。あまりに急すぎて直行便も取れず。

◆出発3日前

ある晩、ケース読んでたら喉が痛い。次の日起きると熱まである。あーもう完全にインフルエンザだな。かかり過ぎだろ、最近。って事でもはや驚かない。問題は出発までに治るかだ。いや、マイアミ到着してから、水に入るまで1日あるから、水に入るまで治ればいいや。って事で必死でロキソニンを飲みまくる。いけないらしいんだけどね。

◆出発1日前

出発前夜に熱が39度。あーもーこりゃ仕方ねーな、熱を引きずったまま行くかと腹をくくりだす。この頃から、ロキソニンの扱いに慣れてくる。

熱があって寒気がする→ロキソニンを飲む→寒気が引き、猛烈に汗をかき出して全身熱くなる→熱が引く(薬飲んでからここまで1時間)→熱が無い状態が8時間ほど持続する

フライトはいかにも辛そうなのを覚悟、せめて行きのフライトだけ名ばかりのファーストクラスにアップグレード。安かったんだもん。

◆出発の朝

熱は無し。熱を出すのが怖いのでしばらくはロキソニンを飲み続ける。ところがシャーロット経由でマイアミについた途端に、ヤシの木と気温でテンションが上がり、インフルエンザにかかってた事を忘れだす。

ダイビングスクールでとりあえず手続き。いきなりマイアミ人の洗礼に圧倒される。

「いやー今シーズンのダイビング教室は終わっちまったよ」
「血液とDNA検査の結果持ってきたか?無きゃ受けられないぜ」

デタラメばっか言ってるので全く埒が明かない。グダグダになって進行しないテレビ番組みたいだ。てんやわんやの内になんとか手続きを終える。

夕暮れのマイアミビーチ。少し涼しくて気持ちいい。
a0128292_853295.jpg


水を買いにcvsへ。さすがフロリダ、水とワインが並んでる。
a0128292_85413.jpg


マイアミっ子お気に入りの、何とかという水。
a0128292_11463335.jpg


同じく夕暮れ。
a0128292_855128.jpg


プールに迷いこんだネコとドイツからインストラクターのライセンスを取りにきてたBrita。Britaは細いのに海の中では相当頼りになる。
a0128292_855519.jpg


カモメ?
a0128292_86092.jpg


雨上がりに虹
a0128292_86386.jpg



◆海へ

海に出るとドタバタコメディ度合いはさらに加速。大体において、マイアミ人、時間通りに来る事を知らない。10時って言ってるのに10時半に集合する。車で港まで行くのに、スクールのバンに人が乗り切らないとか言い出す。私はレンタカーなので運転してってもいいけどと言うと、じゃーついでにスタッフも乗せてってね、という事に。私がいなかったら、お前らどうするつもりだったんだ。

道順が分からないから後を付いて行くね、と言っておいたのに、バンのくせに飛ばして2分で姿を見失う。結局同乗のスタッフに道案内されるが、さっさと港に行けばいいものを、途中でランチに寄ろうぜと言い出す。フレンチフライを買い、みんな食べるかなーと思ってテーブルに置いておいたら案の定、当たり前のように手を伸ばす。お前らフリーダム過ぎるだろ。

適当スタッフ。油物は余り食うなといわれる。
a0128292_86836.jpg


ブリーフィング。
a0128292_861329.jpg


マイアミの海は素敵だった。Eagle rayの群れに遭遇。あんなに大量のエイを見たのは初めて。写真を撮れず残念。イルカもいたみたい。

ダイビングスクールのランボルギーニ。んなわけない。
a0128292_86178.jpg


てなわけで何とかライセンスは取得。ちょろいもんだな。何より、マイアミビーチという結構ローカルなエリアで数日過ごし、マイアミ人の生活を味わえたのが相当楽しかった。仕事に疲れたらダイビングショップを開きにマイアミに来いと誘われ。

インフルエンザにかかったり、ダイビング直後に帰りのフライトがあったりと、色んな限界に挑戦してしまい、今回ばかりは倒れるか死ぬかするんじゃないかと思った。それでも引き返せないのは、チャレンジャー号の爆発事故のケースを思い起こさせる。冬までに空いてる週末がもう無い事、スクールやフライトのチケットを買っちゃった事などたったこれだけの事なのにvested interestが盛りだくさんで、引き返す勇気ゼロ。やや反省。

よーしこの調子で冬はブルーホールだ!
[PR]
# by chocolamint | 2010-11-18 08:14 | 旅行


ハーバードビジネススクールMBA、ボストン生活あれこれ


by chocolamint

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
HBS
Life in Boston
Cats (nekoz)
旅行
未分類

以前の記事

2011年 10月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧